お天気予報 里親・里子探し フリースペース WanNyan写真紹介 WanNyan宿泊情報 WNLLL TOP
ピーチャン Wan Nyan Love Land Link ドラチャン
広告について
WEB検索


|検索の方法|
And Or
スペースで区切って複数キーワードを指定できます
WanNyan大図鑑Wan図鑑ジャパニーズドッグ
秋田犬(あきたけん)
かつて秋田で活躍していたマタギ犬が祖先。闘犬として大型化されたのちの長い不遇の時代を生き抜き、今や諸外国でも日本を代表する犬種のひとつとして公認されるまでに盛り返したという、ドラマチックな歴史を持つ犬種です。
原産国 日本(秋田県大舘地方中心)
体高 オス67cm メス61cm
体重 オス34〜50kg メス34〜50kg
■ 性格・気性
力も強いが我も強いのが秋田犬。その一方、落ち着きがあり、飼い主のいいつけを忠実に守るのも秋田犬です。しつけの際には、こうしたこの犬種ならではの独自の性質をきちんと理解してあげることが大事。もともと感覚の鋭い犬ですから、上手にしつければ、飼い主家族を愛するよい番犬になるはずです。
■ 外観
水平な背と幅広い腰は力強く、ほどよく発達したあばら、引き締まった腹と、均整のとれた重厚味のある体形をしています。太くたくましい首に支えられた頭部は体につり合ったほどよい大きさ。両目の間のくぼみ(ストップ)や額溝ははっきりしており、頬はほどよく発達し、唇はよく引き締まり、鼻筋はまっすぐ通っています。目はかなり小さめで三角形。前に傾き加減に立った耳は小さく厚い三角形で、先がわずかに丸みを帯びているのが特徴です。毛色は、赤、虎、胡麻、白。ショー・ドックの場合、白以外の毛色のものは、あごから首の下側、胸や腹、四肢、尾の裏側の毛が白に近い淡色=裏白でなければならないとされています。
■ お手入れ
通常の手入れは運動後のブラッシングだけと比較的簡単です。ただ、二重被毛のため、春から初夏にかけての換毛期には、やわらかな下毛が固まって体表に浮いてきますので、スリッカー・ブラシや金属製コームを使ってこまめに下毛を取ってやることが大切。自然の脱落にまかせていると、皮膚病にかかってしまうことがあるからです。汚れが目立ったら、冬場は熱い湯で絞ったタオルでよく拭いてやること、夏場は週1度の割でシャンプーするといいでしょう。
■ 食事
成犬の食事回数は1日1回または2回のいずれか。1日1回の場合は夕方与えるのがベストです。栄養的にはドライ・フードだけで充分ですが、嗜好性を加味してあげたいならば、ドライ・フードとウェット・フード(缶詰め)を混ぜたものが栄養バランスもよく手軽です。このほか、ドライ・フードとともに、タンパク質(肉類・内臓類を煮たもの)、カルシウム(乾燥小魚、チーズなど)、穀類(パンやごはん)などを加えた混合食も考えられます。人間食の与えグセや過食・偏食に注意して、健康的な食生活をしつけましょう。
■ 運動
猟犬や闘犬の活動的で闘争的な血を継いでいますから、毎日の充分な運動が必要です。1日2回、引き運動と自転車運動を交互に組みあわせ、30分〜1時間、たっぷり運動させてあげてください。自転車運動で走り込ませるのは食前がベターですが、食後に運動させる場合は、胃ねん転など体調のトラブルを避けるため、1時間の休憩をとってからにしましょう。
■ 歴史
祖先は秋田マタギという中型犬で、慶長年間(1630年代)、秋田地方の藩主佐竹候が藩士の士気高揚のために闘犬を奨励し、マタギ犬と土着犬の交配を行なって大型化させたのが始まりです。明治中期になると、土佐犬ほか、シェパード犬やグレート・デーンなどの洋犬との交配が行なわれ、その結果、垂れ耳や尾を巻かない犬が生まれるようになったこと、さらに闘犬禁止令の発令、洋犬人気の高まりなどが重なって、しばらく不遇の時代が続きました。大正時代に入って保存運動が起こり、昭和6年には天然記念物に指定されました。その後も、秋田のよい部分を残すことに配慮した大型日本犬としての改良が続けられ、現在では、日本を代表する犬種のひとつに認められ、家庭の番犬として多くの人々に愛育されるようになっています。
Wan Nyan Top
ホームへ戻る


ペットWebサイト推薦・更新・情報

サイト登録・変更・削除 推奨サイト 新着情報 LINKしてください! 広告について 利用規約

SINCE 1,Jun 2000
Copyright(C) 2000 Wan Nyan Love Land Link All Rights Reserved,
MailTo: WanNyanLoveLandLink